年越しのトリノ

f:id:uno_fktr:20190101200157j:plain

 

 

 

f:id:uno_fktr:20190101170554p:plain

31日の大晦日、僕はコーヒー豆をぼりぼりと食べていました。

 

ホームステイ先のお父さんが、僕の胸ポケットにふざけてじゃらじゃらと注いだものです。

意外と美味しい美味しいんかい。

 

テレビでは歌謡祭が流れていました。

日本でいう紅白みたいなものでしょう。

過度な演出はなく、グループ分けもなく、歌手が順々に来て歌うだけ。

何故か2つのチャンネルで別々の歌謡祭が行われていました。笑

 

前にも少し触れましたが、イタリアはとにかくバンドが少ない。

ほとんどはソロ歌手で、曲もHIP-HOPとPOPを合わせたような、近年流行りの似通った音楽ばかりでした。正直退屈。

 

ご家族のみなさんは、しゃべりながらテレビを見ていました。時計を見ると23時ちょっと前。

僕もこのまま一緒にいようかな、とも思いましたが、やっぱりトリノの中心地がどんな年明けを迎えるのか見てみたい! という思いが断ち切れず、コートを羽織って、靴下、靴を履き、外へ。

「一人で行くの?」と聞かれ、「うん、一人だよ」と笑って玄関を出ました。

 

f:id:uno_fktr:20190101185829j:plain

通りにはあまり人がおらず、しんと静まり返っていました。

あんまり外に出ないのかな、とちょっと不安に。笑

時々、爆竹が遠くから聞こえてきます。イタリアでは大晦日、年明けに爆竹を鳴らすのが習慣のようです。

 

途中、たまたま開いていたお店へ立ち寄りビールを購入。1€。

中心地まで行くまでの間に飲みます。

 

f:id:uno_fktr:20190101190733j:plain

トリノの夜は電灯がちゃんと付いているので、街並みもよく見えます。昼間と雰囲気も違い、落ち着いた気持ちでゆっくりと歩くことができます。

 

f:id:uno_fktr:20190101191055j:plain

聴いていた音楽は、Father John Misty。笑

やっぱり夜道にはこの曲が合う。

Father John Misty - God's Favorite Customer

 

f:id:uno_fktr:20190101191334j:plain

Via Garibaldiへ到着。徐々に人が増えてきました。

上にかかる男女のシルエットは一体何なんでしょう。

通りの下を歩く10分間、ずーっと僕の頭上にはこれが。

 

f:id:uno_fktr:20190101191549j:plain

Piazza Castelloに行こうかと思っていましたが、イベントがあっているらしく、入れず。笑

遠くから見てみたところ、何かモニタがあるようで。

さっきの歌謡祭のライブ中継でもしてたのかな。

 

f:id:uno_fktr:20190101200512j:plain

さすが中心地周辺ということもあり、色んな人がわちゃわちゃといました。

僕と同じような顔をした、韓国や中国の人びと。老夫婦。やんちゃそうな若者たち。小さな子を連れたご家族。

若者は爆竹を投げまくり、人びとの足元に転がします。

気付いた人は耳をふさいでさっさと逃げていきますが、何も知らぬ人は突然足で鳴った破裂音に驚いていました。

僕も耳をふさぎながら歩きます。爆竹って何がいいんですかね?笑

 

さてどこに行こうか、と規制エリアを見ていると、どうやら入場制限はCastelloだけで、Piazza Vittoriaは行けるみたい。

じゃあそこへ、と歩き始めます。

 

f:id:uno_fktr:20190101205046j:plain

その前にDuomo。 Duomo大好きや~。

f:id:uno_fktr:20190101205122j:plain

f:id:uno_fktr:20190101205144j:plain

道中も大変美しく。

 

f:id:uno_fktr:20190101205222j:plain

ばばーん。着きました。Vittoria。

見にくいですが、空に浮かぶ光の粒は小さな気球。

僕のすぐ近くでも、袋の中で炎をともし、空にふわりと浮かべていました。

 

f:id:uno_fktr:20190101205427j:plain

何て言うんじゃ、これは笑

 

f:id:uno_fktr:20190101205944j:plain

f:id:uno_fktr:20190101210016j:plain

f:id:uno_fktr:20190101210034j:plain

そろそろかな、と時計を見ようとした瞬間、

周りから一斉に「Dieci! Nove!」とカウントダウンが始まりました。
僕も合わせてカウントダウンをしました。

 

そして、年明けです。

わあああ、と湧き上がる人びとと、どこかで上がる花火の音。

ハイタッチをしたり、抱き合う姿が見える中、きょろきょろと見渡しても、僕は一人。笑

まあいいや、と自分の現実を構うことなく、いえーい、と一人で口を開いていました。

今日だけの美しい風景を前にすると、一人でいることも何もかも、どうでも良いような気がしました。

背中を反り返すようにして空を見上げ、ゆらゆらと揺れる気球を眺めてみると、とても幸福な気分になりました。

 

ずっとずっとこの広場にいられそうでしたが、30分ほど経ったところで帰ることに。

 

f:id:uno_fktr:20190101211150j:plain

Via Roma。やっぱり綺麗。

f:id:uno_fktr:20190101211218j:plain

f:id:uno_fktr:20190101211243j:plain
途中で通りかかった......名前は分かんないや。笑

f:id:uno_fktr:20190101211326j:plain

帰路に見えるのは、同じように家々へ帰っていく背中ばかり。
年が明けたなあ、とここで実感しました。

 

トリノに残って良かった、と思えた夜でした。