Jazzはあまり聴かないけれど

色々と考えていることがあって、更新が追いついていません。笑

定期的にチェックしてくれている方、ごめんなさい! 申し訳ないです。

ちょっと色々あって、笑 更新の仕方を見直そうと考えているところです。

 

書くことは好きなので、嫌ではないんですけれど。

友達から「読んでるよ~」と言ってもらったときの喜びは格別です。ありがとうございます。

 

というわけで、肩の力を抜いて。

 

タイトルにもあるように、Jazzはあまり聴いてきませんでした。

高校時代にコントラバスをやっていたこともあって、昔から興味はあるんですけれど、

まあたま~~に聴く程度。ドハマりした時期はありません。

興味がないどころか、大学生の頃は、Jazzをこき下ろすような文章を文芸部で発表したほど。何をしているんだか。笑

 

嫌いじゃないんですけれど、Jazzを聴いて、お、と思うことは少ない。

 

 

今日たまたま、あるジャズピアニストの名前を知り、ついさっきその曲を聴き始めたんですが、

良い!

ベースも良い!! あんま聴こえませんが。笑

Jazzのベーシストってとてもセクシーですよね、ずるい。

 

Vijay Iyer Sextet: "Nope" | In Studio

ちょっと聴いてみてください。そして観てみてください。

夢に酔っているように目を閉じて、ピアノを滑らかに触る彼の姿!笑 たまらん。

手の形はちょっと独特ですが......いや、凄い。考えることも何もなく、ただただ勝手に身体が動いているような印象を受けます。

こんなに鮮やかに楽器が操れたら楽しいだろうなあ。