雪が降った

f:id:uno_fktr:20181220035637j:plain

ついにトリノにも雪が降り始めました。

 

ちょっっっっと疲れたので、笑

今日は今日のことを淡々と綴らせてください。

通勤時間って大切ですね......笑

 

午後4時頃だったでしょうか、会社で誰かが「雪だ」と言ったのを聞き、窓の外を見ると、ちらほらと細かい雪が降っていました。

年を越える前にきっと降るだろう、と身構えてはいましたが、昼食の頃まで降る気配は全くなかったので、今日かあ、と驚きました。

 

定時になり、会社を出てもまだ雪は降っています。

福岡出身の僕にとり、雪はそう頻繁に見られるものではなかったので、自然と気分が高まります。寒さも忘れてしまうようでした。

ふわふわと足を浮かせるようにして歩きながら、僕はバス停に向かいます。

好きな音楽を聴きながら、バスを待ちます......バスを待ちます......

 

バスが来ません。

 

さすがに気分の良かった僕も、寒さをだんだんと覚えるようになりました。

 

Google Mapsでバスを検索すると、いつも来るはずのバスの表示がありません。何故だ......笑

 

もう20分も待ったぞ! とぷんぷんしていた僕の前に、ブーブーとクラクションを鳴らしながら、一台の車が停まりました。

なんだなんだ、と思いながら見ると、そこにはスパルタおばさんの姿が!!

窓を開けて「リュウ~~」と僕を呼んでくれます。僕は雪でびちょびちょになった身体で、アルファロメオに乗り込みました。

何だかんだ言って、彼女は本当に優しい。 飴と鞭ですね。

 

17時10分にオフィスを出て、会社の目の前のバス停でバスを待ち続け、車内の時計を見ると、既に17時40分。ついてねえなあ、と思っていると、

「で、今日はどこに行くの?」と聞かれました。

 

昼食のとき、彼女には既にボロボロの浴室の写真を見せ、他の家にいるんだ~、と話していました。

中心地の近くだよ、と僕は答えます。

 

やっぱ遠いね、今日の朝も7時にそこを出たのに、会社に着いたのは8時半だよ、と僕が言うと、彼女は「てっりーびれ、てっりーびれ」と繰り返します。確かにてっりーびれです。

 

途中のバス停で降ろしてもらい、ホストファミリーの家まで向かうためのバスを待ちます。バスを待ちます......待ちます......

 

来ない。

 

嘘だろ? とGoogle Mapsを開くと、バスはちゃんと走っているはずなんですが、Googleの示す時間には全く来ず。

イタリア、Google Mapsですら当てにならないんですよね......笑

バス停にも小さな液晶があって、そこにバスの来る時間が表示されるんですが、それも当てにならず。笑

雪は降る一方で、バス停の小さな屋根の下にじゃんじゃん降り込んできます。

 

やっと来たのは、スパルタさんの車を降りてから20分後

この時点で18時25分だったかな?笑

 

もう後は乗りっぱなしです。道もめちゃくちゃ混んでいました。バスも遅延のせいか、人は多め。

何かあったかな......あ、降りるときに、ドアに挟まれました。

2週間ほど前は、バスに乗車する際に挟まれました。

 

で、やっとホームステイ先に着いたのは19時を疾うに越えた頃。

さすがに疲れました。今日、移動だけで3時間半ほど費やしてますね......恐ろしい。

本読めるんで良いんですけれど。

 

さて、勉強しないと......