富士山麓とウイスキーブームと日本人

f:id:uno_fktr:20181201041034j:plain

また悲報だ。キリンの富士山麓が来年の三月をもって販売終了となるらしい。

何度も買ったし、ちゃんと特製グラスも持っている。あのアルコール度数の高い味わいがたまらなかった。

このウイスキーブームを考えると仕方がないとも思うが、このブームに乗っかって、品のない行いをする人びとが出てきているのも確かだ。

 

マッサン以来、一体何本のウイスキーが消えてしまっただろうか。

宮城峡、余市の年数表記のもの、響の12年......

特に宮城峡、余市はよく飲んでいたため(響は高かったので2本?)、なくなると聞いたときは本当にショックだった。まだその傷は癒えていない。(

響の12年も複雑な味を持ち、豊かな香り、甘みがたまらなかった。このギリギリ届く値段のウイスキーが消えるのもショックだった。

 

マッサン!!!

ちゃんと全話観たけれど。マッサン以外朝ドラは観ていないけれど。

 

ウイスキーブーム以前が懐かしい。

バーではないけれど軽く飲めるちょっと洒落たようなお店で、グレンフィディックの12年を頼んだとき、僕は

「水割りじゃなくて、ウイスキーと水を1対1で混ぜてくれませんか」

とちゃんとトゥワイススワップを頼んだのに、はあ、といまいち分かっていない顔をした店員さんが持ってきたのは、水でめちゃくちゃ薄まって、しかも氷までぶち込まれた得体の知れないシングルモルトであった。

恐らくあのお店も、このブームを経て、シングルモルトに大量の水と氷はふつー入れないことを知ったのではないだろうか。

 

ブームによって狩られたウイスキーは数知れず。

そして、富士山麓がついになくなってしまう。

売れすぎて販売終了、というのも、ウイスキーならではの現象だろう。

 

ウイスキーは、とにかく熟成に時間を要する飲み物だ。やっすいウイスキーは飲まないので分からないが、売られているものは基本、少なくても3年、いやもっとねかせたものを使用しているはずだ。

だから、今店頭の瓶に詰まっているのは、数年前に蒸留され、しばらく樽でじっとしていたもので、急に売れ行きが上がったからと言って、それに合わせて出荷量を上げられるものではない。

 

フェイスブックで見た情報だけだが、過去の販売終了時と同じように、富士山麓買い占めが起こっているらしい。

もう店頭にありませんでした、という投稿が後を絶たない。なくなる前に飲みたくなってしまうのは分かる。僕だって飲みたい。日本の母に頼もうと思う。笑

 

ただし、その買い占めの裏では、やはりと言うべきか、転売をする人も絶えない。

メルカリで富士山麓が高値で並んでいる画像も目にした。

二本で6000円以上というとんでもない値段で出品されていたが、SOLDの文字がちゃんと付いていた。こんな高値でも買う人がいるのだ。

 

僕はこの転売が非常に頭に来るというか、「アホやなあ」と思う。

まず、転売をする人びとに対して。

ウイスキー作りの苦労を少しも味わっていないくせに、スーパーや酒屋で買ったものをそのまま高値で流すのは、あまりにも卑劣だ。恥を知ってほしい。

 

そして、それを買う人びとに対して。

どうして6000円も払って買うのか僕は分からない。笑

一度頭を冷やして考えてもらいたいのだが、富士山麓はそもそも1300円から1500円くらいのウイスキーだ。スーパーに並ぶ他の国産ウイスキーと比べて2, 300円高いくらいで、高級品では決してない。

まあ美味いのは間違いないが、それは値段の割には、というだけで、美味いウイスキーは他にもいくらでもある。

6000円も出せは、良いスコッチが買える。

CAOL ILAもBOWMOREもTALISKERもArdbeqも10~12年物ならば、買ってもお釣りがくる。そのお釣りで富士山麓が買えるくらいだ。笑

当然、これらのスコッチの方が美味い。

 

6000円も出して2本の富士山麓を買うのは、結局、勝手にブランドっぽさを感じているだけで、ウイスキー本来の味を楽しみたいというよりも、今話題になっているものを飲みたいという、アホな理由で肝臓を使っているに過ぎない。

 

これもイタリアで感じたことだが、日本人は何かとブランドに弱いと思う。

その物自体を見て判断するよりも、ブランドや知名度を第一に考えて買うものを選ぶ。自分がお金を出して自分で使うにも関わらず、自分の意志で物を選んでいないと。

流行っているものには価値があると勘違いしている。

具体的な名前は出せないが、くだらない小説でも流行れば流行るほど売れるし、気色の悪い曲は何度もなんどもテレビで流れ続けるし、みんなが良いと言っている映画はとりあえず観に行く、で、感動する。

たちの悪いことに、少しでもその流行りを否定するようなことを言うと、

てめえ感性どうかしてんじゃねえのか、と逆に批判される。知ったことではない。

 

と、話が逸れて、その上、何か吐き出してしまったが、まあとにかく富士山麓がなくなるのは悲しい。そしてその転売の様子を見て、アホだなあ、と思った。