イタリアの映画事情とボヘミアン・ラプソディ

Queenの大ファン、という訳でもないが、他人よりは聴く方だと思う。

高校生の頃、同じ部活の女の子がQueenを聴いているのを知って(読んでないかなあ笑)、

僕もつい「聴いているよ!」と薄い知識で言って後悔したことがある。

嘘ではなかった。アルバム「Jewels」(ベスト盤?)はiPod Touchにちゃんと入っていた。

が、僕が聴いていたのは、初めの方に入っているI Was Born To Love YouとかWe Will Rock Youとか、今思うと赤面ものの、超ベタベタの曲ばかりであった。

どの曲が好きなの、と訊かれて、マズい、と内心思いながら、

 

Don't Stop Me Nowが好きです......」

 

と答えた。案の定、僕は鼻で笑われた。それ以来、Queenの話は彼女としていない。

 

そんなQueenである。僕はちょうど一年前、Queenばかり聴いていた。

もう高校生の頃と違って、逆にベタを嫌う性格になっていたので、あまりCMとか映画とか、メディアで使われていない曲ばかり聴いていた。

と言っても、Queenは日本ではあまりにもメジャー過ぎる。有名な曲は誰もが一度は聴いたことがあるはずだ。

だから、ここで好きな曲を紹介しても、きっとどなたか必ず知っているので、恥ずかしさも覚えるが、まだ聴いたことのない人がこの記事をきっかけに知ってくれれば、ブログ活動の冥利に尽きる。

というわけで、恥を忍んで紹介する。笑

一番好きな曲は、と訊かれて、率直に浮かぶのはやはりBohemian Rhapsodyだ。

僕は高校生の頃、何とこの偉大な曲をずっとスルーしていた。

今思うと勿体ない。分かり易い曲ばかり聴いて過ごしていた。

だが一方、あの頃にこの曲を聴いていたところで、僕はこの良さに気付けていただろうか、とも思う。

壮大で、ストーリーも素晴らしく、そして唯一無二のQueenの歌唱力が備わっている。こんな曲は、もう二度とこの世に生まれないんじゃないかと思う。

 

何となく聴いている方もいらっしゃると思うが、歌詞を一度読んで頂きたい。

こんな世界を歌っているのか!?」と驚くのではなかろうか。僕も驚いた。

特に出だし。

 

Bohemian Rhapsodyはずるい。良すぎるから。

でも、僕がBohemian Rhapsodyより多く、何度もリピートして聴いてきた曲がある。

Under Pressureだ。

Queen - Under Pressure
この曲の知名度は......どうなんだろう。あまり他人とQueenの話をしてこなかったので、どのくらい知られているのかは、はっきり言って全然分からない。
 
とにかく、僕はこの曲がとても好きだ。
初めのベースの音程、リズムがたまらない。2音しか使わないシンプルなものだが、こんなに胸に迫るものは他にない。
この曲もダイナミックに展開していく。堰を切ったようにドラムを叩きまくるところがたまらない。
改めて歌詞を見てみると、深い。笑 現代社会への批判のような......と知った口で言うと薄っぺらくなるので、是非お読み頂きたい。
 
 
と、前置きが長くなったが、そう、今、笑 Queenの映画が公開されている。
日本では大ヒットしていると聞いている。日本のQueen人気は根強いため、まあそうだろうな、と思う。
僕は観るかどうか、正直悩んでいる。
多分観ると思うが、何か美談になってそうで嫌だ。
 
それと、僕を悩ませる他の理由には、イタリアの映画事情が絡んでいる。
 
まず実は、イタリアでは、未だにBohemian Rhapsodyが公開すらされていない。
日本の公開日は11/9、イギリスの公開日は10/24であるのと比べると、あまりにも遅い。
何で遅いんだろう、と以前から不思議でたまらない。
 
次に、イタリアではなぜか、吹き替え版でしか公開されない
字幕版、字幕なしのそのままでの公開もなく、吹き替え版しかない。
探せばあるらしいが、ほとんどそういった映画館は見つからない。
 
なので、もし僕がBohemian Rhapsodyを観に行っても、
フレディがイタリア語をペラペラと喋り、
いざ歌うと急に英語で高らかに歌い上げる、
といった奇妙な映画になっていると思うのだ。
勿論字幕もないので、フレディが何を言っているのか、僕はほとんど理解できない。
そのままの言語で映画を観たい、というイタリア人は少ないのだろうか。
 
一度だけイタリアで映画を観たことがある。「Dead Pool 2」を観た。
僕は1も観ていなかったのに、とりあえず2を観た。
 
ほとんど分からなかった。想像でついていく他なかった。
主人公の(名前は分かんない)口が悪く、とにかくスラングを連発していた。
何かあるたびに
「Cazzo Cazzo Cazzo Cazzo Cazzo......」と言いまくっていた。
僕はCazzoの使い方を覚えた。良い映画であった。